2017年09月16日

庭のマツバボタン フジX-T2のフィルムシミュレーションで


朝起きたら気持ちの良い太陽の陽射し。
それを浴びてのびのびと開くマツバボタン。
久しぶりに色の再現性を見てみようとテスト。

最初はフジX-T2XF35mmF1.4 Rの手持ち撮影
絞りf5.6(トリミング・調整なし プロビア)
DSFT2567.jpg

同じくf4.5
DSFT2584.jpg
このレンズ1本あれば地の果てまで旅ができそう)


今度はフジX-T2に1990年代の銘レンズ
タムロン90mmf2.5マクロ(ミノルタMDマウント)をつけて。
風があるので三脚に固定して花を見つめる。風がやんだ、それ。
DSFT4013.jpg

DSFT4048.jpg

今度は同じ条件でフィルムシミュレーションで(プロビア → アスティア → ベルビア)
DSFT4018.jpg

DSFT4019.jpg

DSFT4020.jpg

DSFT4024.jpg

DSFT4025.jpg

DSFT4026.jpg

フジノンとは色の再現性が違うけれど
カラーバランスが経年変化している可能性もあるので。
現行機種は、SP90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD

身近なところにある表情が生きる糧となっているとしたら
写真を撮るつもりできょうも駆け抜ける準備をしていたのだなと。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181018056

この記事へのトラックバック