2012年08月29日

ニコン ニューポケットタイプルーペ N20D 植物の表情をさっと取り出して見つめる


野草の観察が好きな人は必ず持っているだろう。
それは、野外で使いやすいルーペ。

D7K_8364-1.jpg

D7K_8375-1.jpg

ルーペはレンズ面に目を近づけて使用する。
専門家が植物の亜種を同定するなどの用途でなければ
経験的には2〜3倍が使い勝手(眺め心地)が良いと感じる。

ルーペは目に近づけるのが正しい使い方とされる。
ところが、植物の背丈が低い場合、
地面に這うようにしなければそのような姿勢は取りにくい。
だから、目からルーペを離すという
変則的な使い方をせざるを得ないときがある。

その場合、レンズが小さいと(倍率が高い場合が多い)
視界が狭くなって苦労する。

ルーペの倍率とは、
対象物とルーペと瞳という3者の位置関係で決まるもので
倍率2倍のルーペがいつも対象物が2倍で見えるわけではない。

一眼レフで近接撮影(マクロ)を行い、
パソコンの画面で見たときに
植物や水の表情が
小さな宇宙のような構造を持っていることに驚かされる。
部分を拡大するところから、この驚きは生まれる。

ルーペは、それを気軽にできる道具である。
日常生活でも重宝する。
ぼくは机に置いて、
小さな文字を見るときに
さっと取り出して使えるようにしている。
(例えば、電化製品やアクセサリの製造番号など)

ルーペについては、さまざまな製品を検討して
ニコンのN20Dを選んだ。
(箱にはmade in Japanと記されている)

D7K_8374-1.jpg

この製品は、2倍、3倍の2枚のレンズが付属している。
(ニコンの参考倍率での表示)
この2枚を重ね合わせると5倍として働く。
レンズの有効径はφ34.8mmあり、
視野の広さは申し分ない。
非球面レンズのため、球面収差の補正がしやすく
視野中央部の像は鮮鋭なはずである。

製品は、プラスチック製で28グラムと軽量である。
首からかけていてもまったく苦にならない。

レンズはアクリル樹脂で、
表面にハードコートを施してある。
ただし、砂埃などが付いた状態で
乾いた布で擦ることは避けたい。
汚れがひどいときは、
中性洗剤と指で軽くなでて水で洗い流し、
ティッシュでそっと水気を拭き取るのが良いと思う。
(おそらくそれほど神経質にならなくても良いとは思うが)

レンズは本体にクリック感を持って格納される。
細い紐が付属しているが、
固いうえに結び目がほどけそうな感がある。
そこで、カメラ店で探したところ、
エツミ ネックストラップ(E-1939)がしっくり来た。

ルーペの本体は、
ブラック、ミッドナイトブルー、バーガンディーと
3色の設定がある。

本体の色は迷ったが、
バーガンディーとした。
アウトドアで使うので、
明るい色が良かろうと考えたこと。
製品が小さいので、
バッグやザックの奥に入れたとき探しにくいこと。
万一、フィールドで落としても、
黒などと違って
見つけやすいことなども考慮した。

バーガンディーといってもシックな色で
本体の反射が気になることはない。
ただし、いずれの色を選んでも
艶光りする塗装なので指紋は付きやすい。
(ミッドナイトブルーも良い色だと思う)

さて、バーガンディーを選んだとして
それに合わせたのは、
オレンジのネックストラップ。
この組み合わせで、
緑の草原をかけて見るのも悪くない…
などと悦に入ってしまい、
購入してから野山へ持ち出すのが待ち遠しかった。

その最初の機会は、塩塚高原(塩塚峰)であった。
折しも、オミナエシが咲き始め、
赤と白に競演するゲンノショウコや
ヤマジノホトトギスが咲いていた。
リンドウにはまだ早いようだった。

D7K_8135-1.jpg

D7K_8139_NX2.jpg

D7K_8138-1.jpg

本来の使い方は、目をルーペに近づけるので
カメラまでの距離がある程度離れているこの写真は
本来の使い方ではない。
けれど、ウキウキとした使い手の気持ちは伝わるかも。

ルーペのような光学製品は
良いモノを選べば10〜20年は楽に持つ。
百円ショップで購入して
自分の使い方と
倍率の相性を見る方策もあり得るが
対象を眺めて楽しむのなら、
低倍率〜中倍率、軽量、広視界という
このルーペの選択は悪くない。







D7K_8376-1.jpg

エツミのネックストラップは、
50センチの長さである。
同価格帯の製品と比べて
ストリングがやや太かったのも安心感がある。
実際は耐荷重は250グラムと書かれてあるので
28グラムのルーペは
ロープの先に結んだポシェットといった感じである。

バックルにも見えない工夫がある。
競合商品は、
バックル面に知らぬうちに手を触れて
ロックが解除(すなわちブツの落下や紛失)される
怖れが感じられた。
この製品は、
意図してはずそうとしてもなかなか外れない。
その理由は、ロック面が小さく、
しかも奥まって設けているため。
オレンジの鮮やかさも野外では際だつし、
ルーペ以外にも汎用性は高いと見た。

例えば、
シルバコンパスやICレコーダー、
名刺サイズラジオなどの
ストラップにも好適だ。













この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57854767

この記事へのトラックバック