2018年07月21日

クリプトンKX-1に合わせるアンプ〜PM-12とPM8006〜


所有しているクリプトンのKX-1
オンキヨーのA-1VLというプリメインで鳴らしている。
購入したのは2005年だったので13年使っていることになる。

このアンプはデジタルアンプで音抜けが良いのに
メリハリをねらった強調感がなく、ストンと抜けてくる。
抜け味の良さというか、音離れの良さ、
それがそよ風のようにひきずらないので耳に心地よい。

これまで店頭でヤマハ、ラックスマン、ソニー、デノン、マランツなどと
KX-1を組み合わせて聴いたが納得感は得られていない。
音の塊感と艶やかさでラックスのA級(L-550AXII)に惹かれたけど
エアコンを置いていないので夏場の室温は30度を超えている。
聴きながら眠っていることが多いのでA級は避けたい。
(やはり発熱の多さがネック)
また、どの音楽ソースも同じように艶やかなハイファイ調で鳴らしてしまうのが難点。
カフェなどで鳴らしていたらうっとりするのだろうけれど
いつもいつもマリリン・モンローでは飽きてしまうかなと。

現役機種で行き着いたのはマランツのPM8006
これは音楽がよくうたう良質のプリメイン。
上級機種のPM-14S1やPM-10との比較でも
目を閉じて先入観なく聴けば8006を選んでいる。
音楽がレガートに聴こえる、というと楽器を演奏する人にはわかりやすいだろう。
艶やかな高域が音楽の輪郭を浮かび上がらせる。
この音はきっと海外でも売れるはずである。
上級機とは音づくりのチームが違うのだろう。
デザインもいいし音量調節が無制限に回らないのもいい。
夜中に小音量で聴くので小音量再生を重視している。
(大音量で再生できるのは金持ちが地下につくった専用の部屋でもなければ困難)
8006には良質のデジタルヴォリュームを採用しているのも小音量再生に貢献しているし
パワーアンプが肥大化しないのも利点。
ハイエンドのプリメインはほとんどパワーアンプという印象で
出力が大きくなればそれに伴って
熱や振動、消費電力、リーケージフラックスなどが増加。
小音量で聴くのなら大きなパワーアンプは不要。
この機種は下位の機種と比べて良質な部品が使えるうえ
上位の機種と比べてパワーブロックを身の丈に収めることができる。

きょうは出張でヨドバシのマルチメディア館に来た。
朝一番で誰もいないので
KX-1を固定してPM8006を原器にプリメインを切り替えて視聴を行った。
ネットワークプレーヤーはソニーである。
ソースはノラ・ジョーンズのファーストアルバム。
よく聞きこんでいる音源がたまたまソニーに流れていた。



まずはPM8006
これだけを聴いているとどこにも不満がない。
音楽が朗々と響くけれど誇張された感じはしない。
絹のようなレガートな高域と弾む低域で
愉しく美しく聴かせる。
アナログプリメインとしての絶妙のバランス、完成形と思う。
高域がきついとか、低域がだぶつくとか、局所的な不満はまったくない。
ただ音楽に集中できる。
アナログらしさがうかがえるのは
レガートな高域と表したように、わずかなエコー感を感じるからで
これが人間の聴覚に安心と安らぎを感じさせているのだろう。

続いてPM-12。
発売してそれほど日が経たないのでエージングが進んでいない不利な点がある。
高域の艶やかさは8006が上回るため、
一聴して8006が好きという人は半分ぐらいはいるだろう。
グレードのとらわれずその音が好きになるかどうかで判断すればいい。
比べると8006が華やかでやや派手な感じがする。
8006だけを聴いていると端正な音と思う人もいるだろうが
PM-12と比べるとジュースとミネラル水のような違いがある。

しかし声の存在感、空気感というか
声の肉声として空気を震わせるうたい分けはPM-12でないと出ない。
特に異なるのは中域、中低域の押し出しである。
8006は豊かな低域と艶やかな高域が音の輪郭と弾む感じを演出していると気付く。
(それはそれで良いことではないだろうか。聴き手を楽しませるのだから)

長い時間、音楽に接するのならPM-12ではないか。
前機種のPM-14S1は8006と比較試聴して
律儀で抑揚に乏しいが音の強調感が疲れる感じがした。
ところがPM-12では前機種のPM-14S1と比べて音調は一変している。
似ているのは型番と価格帯だけで
設計思想が違うのだから当然なのだが、
12では高域のきらめきが抑えられた分、
輪郭は8006が明快に聞こえるが
12が中域の密度感が高く、わずかな空気のそよぎをスピーカーに展開させる表現ができる。
同時に比較はできないが抜けの良さはオンキヨーのA-1VLが上回る。
(オンキヨーを持っている人は大切に使われるといい。このアンプは接点が少なくシンプルな回路設計、無理のない筐体と発熱が少ない電源なので長期にわたって安定的に使える。ぼくはオークションには出すつもりはないが、13年使っていても次の使用者が劣化を感じるようなところは見つからないだろうと思う)

前述のようにPM-12は音の押し出し感があるのに一聴しておとなしく聞こえる。
そのなかに微妙な音の描き分けをしている。
長時間音楽に浸れるアンプであることは間違いない。
それなのに、顕微鏡的(オーディオマニア的)な接し方をしても
それに応えてくれる。
ノラ・ジョーンズをレイドバックしてくつろぎながら聞きたいなら
よくうたう8006よりも12。
12は決して蒸留水のような音ではない。
旨味を含んでいるが砂糖や保存料は入っていない
天然ミネラル水のようなアンプだ。

外気温が30度を超えるこの日の東京であったが
天板に触れてみると少しあたたかくなっている程度であった。
(8006も発熱が多いとはいえないが、PM-12はさらに発熱が低いようである)

ぼくはこのアンプをクリプトンを鳴らす最終版として決めてもいいと思っている。
もちろん好みによって8006を選んでもそれはそれでよし。
8006は音楽をわかりやすく鳴らすから。
でもPM-12は聴き手の感性と耳によってはどんどん深淵を見せてくれる。

追記

最上級機種のPM-10と両機種も比較視聴している。
10はエージングができているせいか
音楽の透明度が12を上回る。
けれど音楽を語るという点では遜色がないように思う。
10は筐体が大きいうえ、価格の違いも大きい。
お金を別の有意義なことに活かせるのでぼくなら12を選ぶ。
タグ:KX-1

2018年01月30日

ミノルタ MD85mmF2 デジタルの時代にフジで蘇る

ミノルタ最後のMFの一眼レフX-700を2台持っていて
いまも健在である。
(手持ちの2台とも完動美品として高値を付けると思われるけど)

ポートレートに多用したのは85mm。
これで女の子を撮ってあげると
プロが写したような写真ができあがって驚かれたもの。

そのレンズをフジのミラーレスに使ってみる。
八仙堂のアダプターは精度が良く使用していて何の不満もない。
これまでタムロンの90mmマクロをアダプターに付けることが多かった。
今回は85mmF2。
ロッコールの冠を付けなくなったニューMDシリーズでミノルタ最後のMFレンズ。
DSFT7893-1.jpg

ミノルタはライツと提携したこともあって(そのためかどうか知らないが)
こくのある発色が特徴。
(透明感があるけれど薄っぺらに感じたキヤノンは使ったことがない)
DSFT7874-1.jpg

ハイライトに光が乗っていって艶やかであっても飛びにくい印象。
だから南太平洋ポリネシアや屋久島を旅していて楽しい。
DSFT7902-1.jpg

それにX-700は篠山紀信や三好和義も使っていた。
何かこのカメラで旅に出ると自由を感じる。
(いまもそうだけど)
DSFT7913-1.jpg

これで撮影した写真はこちらで。

2018年01月13日

2018年 スマートフォン導入のシナリオ

スマートフォンを導入するにあたって
5年前から有識者を交えて検討委員会を開催し
昨年末に答申がなされた。

それによると
スマートフォンには利点が多いが、
注意点も多いため
目的を明確化して使用法を定めて
導入計画を設定してPDCAサイクルを回しつつ
仮説と検証を行いながらの導入が望ましい、という答申をいただいた。
(ここまでに5年かかった。検討委員のみなさま、ありがとうございます)

そこで、2017年12月に試行的に導入を行う方向で調整を行い、
機種の決定に際しては
スマートフォン数台を同時並行で使いこなしていらっしゃる経験豊富な知人のご助言を仰いで
2013年製のNEC製のスマートフォン(Android4.1)の導入を決定した。
(導入価格 送料込 約4千円)

手元に使用していない2枚のSIMカードがあったが
そのままでは使用できないので
交換手数料によりサイズ変更を実行。
手配するのに約半月を要した。

導入に際して目的を明確化するよう委員会からの投げかけを受けて
以下の目的とすることにした(当初)。
・レスポンシブWebデザインでの閲覧性のチェック
・出張時(特に東京などの歩行時)の現在位置の把握と場所の検索
・現金決済に変わる手段の確保
・緊急時のラジオの受信及びTwitter等での情報の入手

使わないことにしたのは以下の機能。
・電話
・メール
・SNS
・Web検索
・カメラ
・ゲームその他プリインストールのアプリケーション→ 初期導入時にすべて削除

新たに導入したアプリケーションは
・ラジオ機能
・ブラウザー(国産で動作が軽いもの)
・ナビ機能
・コンパス(方位磁石)機能

導入開始後、気付いた点は以下のとおり。
・電池が1日しか持たない。
→ Wi-Fi、位置情報、Bluetoothはすべてオフ(使用するときのみオン)。
→ それでも電池は1日しかもたないので、使用するときだけ電源を入れる運用に変更(2日程度は持つようになった)。

・文字の入力に時間がかかる(Web検索で1つの検索を行うのに5分程度を要する)
→ 指先が小さな画面で器用に動かないこと
→ ブラウザの挙動が安定しないこと
→ 本体が大きい割に画面が小さく見づらい。
・持ち運びが大変であること。
→ 滑りやすいため手で持つには適していない。そのためウェストポーチを用意する必要があった。しかし外出のたびにポーチを装備するのは心理的に抵抗がある。
→ 電池がすぐに消耗することと、持ち運びや取り出しなどハンドリングに難があることから、カードを別途用意して決済することに決定。これだと財布に入れて持ち歩ける利便性がある。
→ 外出にはモバイルバッテリーが不可欠だが、現時点では本体も含めてセカンドバッグを持たずポケットで運用したいため、解決策は見つからず。
・Androidのバージョンが新しくないため、イケヤプレイスやVR高松などのVR/AR系のアプリケーションがインストールできない。
・ラジオは電池寿命が短いため現実には運用が困難。

総括
・小さな個体に何もかも詰め込んだ弊害で、個々の機能は使い勝手が悪い。今回はテストしなかったが、電話のかけやすさ、音声の聞き取りやすさはPHSに遠く及ばないことが予想される。
PHSについては自宅に電話を持たない人が増えている現状で、電池寿命が長く通話に使いやすく料金も低廉で音が良く病院でも使用可能などの利点があるため、今後もメーカーにサービスの存続はもちろん、エリアの範囲拡大や受信環境の改善、積極的なPRを求めたい。
・スマートフォン画面でのWebのチェックに役立つことが判明したため、自宅専用とする。

今後のスマートフォンに求めたいこととして、
・電池の長寿命化(できれば1週間程度)
→ PHSは1週間程度使用できている。ノートPCも毎日外で使っているが充電頻度は月に数回程度(ThinkPadX270SSD仕様)
・携帯しないですむかたちへと進化すること(現時点では耳への装着が有力か)。
・音声入力を含む入力方法の導入もしくは進化、もしくはPCとの連携による入力の交配化。
・電話に特化したスマートフォンなど、音声やつながりやすさ、通話しやすさなどを磨くことができる。単機能に特化することで新たなニーズを開拓できる可能性。
・行きすぎたソフトウェアボタン化のインターフェイスから必要最小限のハードウェアボタンの設置(カメラ機能のシャッターボタンなど)。ただしスマートフォンのカメラは電力を消費することとシャッター音がうるさいため、使う人は毎日使うが、使わない人はほとんど使用しない。できればカメラなしが併売されることが望ましい。
・さらなる小型化による可搬性の向上と画面投影での運用による広いディスプレイの確保。

現状では十分に使いこなせていないものの、1週間に数回は電源を入れて運用ができている。未来のスマートデバイスの姿が見えてきたことが最大の成果。

2017年12月10日

クリプトンKX-1とKX-3PUの違い


どちらのスピーカーも音楽を奏でるための道具という世界観は同じである。
密閉ならではの自然で歯切れの良い低域、しっかりとした中域の再生、魅惑的な高域は同じである。
しかし比べてみると違いが感じられる。

KX-1は、音の濃淡の描き分けが兄貴より上である。音の濃いところ、漂うところ。
これはタイムドメインにも共通する良さを持っている。
音像と音場が明確に分かれていて見通しの良さを感じる。


KX-3PUは、艶やかで音が塊となって出てくる。
ひとことでいえば、「ハイファイ美音」である。
ピアノは、カツンという打鍵音のあとにコロンの響きが心地よい。
誰が聴いてもいい音である。
弦も美しく力強い再生を行う。

兄弟での個性の違いは、凝縮していくか広げていくか。
空間に波紋を広げていく自然な再生は弟機が優る。
どちらも良い音だけれど、ぼくは弟機が開放的でありながら端正に鳴るので好きだ。

KX-1の良いところは、一日中鳴らしても耳に負担を感じないこと。
ぼくは深夜に小音量で聴くことが多い(ヘッドホンではなくスピーカーから鳴らす)
昼間であっても小さな音でしか聴かない。
それでも音楽が愉しく弾むので音量を上げる必要がない。
タイムドメインのスピーカーの反応の早さを持ち、
低域高域に周波数帯域を広げながらも
中域がぽっと浮かび上がる。
(だから小音量に強い)

オンキヨーA-1VLで聴いていると
これ以上の音は要らないと思えてくる。
現行品では、マランツのPM8006などが合うのではないかと思って
ヨドバシで聴いてみたらやはり良かった。

このアンプ、音の密度感はやや軽めだけれど
音楽がよくうたう。
国産ばなれしたテイストは上級機にもないもの。
(これに比べると上級機はまじめすぎて律儀で気がきかない感じ)

音楽を聴きたい人はこのスピーカーとマランツのPM8006でいい。
もしかして上位機種の呪縛を離れて軽やかに音楽を奏でる点では共通している。
言うまでもなくオーディオ装置は調整で追い込むことが前提だが
終のオーディオ装置(という言葉があるからどうかは知らないが)として
極上の音楽を奏でてくれるのではないか。


タグ:KX-1

2017年09月17日

ヤマハ ピュアストレートアーム YSA-2


このところ、フィルムカメラ、テープレコーダー(カセットデッキ、ラジカセ)、
アナログプレーヤーなどに年齢を問わず惹かれる人が増えている。
フィルムカメラなど、いまとなっては実用性があるとは言いがたく
ぼくも使っていない(ミノルタX700、ライツミノルタCL=親父の形見、ペンタックスSPF(=同)。

テープレコーダーは、いまも現役のウォークマンプロを持っている。
古いテープをデジタル化するときのために大切に保存している。

アナログプレーヤーはヤマハGT-2000はいまもラックの上にある。
友人から譲り受けたピュアストレートアームYSA-2は保管している。
http://audio-heritage.jp/YAMAHA/etc/ysa-2.html

友人とは小学校の同級生で近所に住んでいて
ヤマハA-2000、NS-1000Mを鳴らしながらユーミンを聴くのが好きだった。
結婚を機にオーディオを縮小するため、GT2000を持っているぼくに
ピュアストレートYSA-2を買わないかと持ちかけられたので
即座に譲ってもらったもの。
まだ音出しはしていないのだが、
友人宅で鳴っていた頃には
内田光子のモーツァルトのピアノソナタなどを鳴らしていた。

ダイキャストの塗装にクラックが散見されるが、内部動作には関係しない。
(YSA-2に精通した人はご存知と思うが、塗装の経年変化による持病である)
譲り受けてからリード線保護のために一度もカードリッジを付けておらず、
緩衝材の入った専用カートンで保存している。
(付属品はすべて揃っていると思っている)

ピュアストレートは江川三郎さんの考案したもので
フィデリックスの中川社長も近年のブログでその良さについて書かれている。
S字アームやストレートアームでのオフセット角の悪影響は知られている。
トラッキングエラーよりも動くところ動かないところの明確化が音質にきいてくる。
http://www.fidelix.jp/others/tonearm&turntable1.html

レコード(塩化ビニール)は弾性体なので
トラッキングエラーの音溝への影響は無視できるのではと考えている。
(レコードを長年扱っていた経験から)

写真は自宅のGT2000(アームは付属のS字)
12.jpg

39-1.jpg